精力減退の理由

なぜ精力減退は起こるのか?

現在の日本では、勃起不全や性欲減退などの性機能の問題で悩む男性が、非常に多くなって来ています。中でも精力減退により、女性との性行為ができなかったり、不完全な状態で終わってしまうことが多くなっているのです。

このような症状は、昔であれば中年になってから起こることが多かったのですが、現在では年齢の若い男性にも増加しているのです。
中高年になってから精力減退が起こるのは、年齢を重ねたことによる身体の機能が衰えたことが多く、理解できる原因ではありますが、年齢の若い男性にも同じような症状があらわれているとなると、違う理由がそこにはあることを意味しています。

その理由は大きく分けると2つあります。
ひとつは、精神的な原因があります。

現在の日本はストレス社会と言われているほど、さまざまな環境からストレスを受けています。ストレスをたくさん溜めると、活性酸素を多く生み出してしまいます。

活性酸素が多くなると、身体の機能が低下し、精子を作ることにも影響が出てきてしまいます。そのことは、タバコを吸う人に精力減退が多く見られることからも、説明がつくのです。

そしてもうひとつの原因は、肉体的な理由があります。加齢による身体の機能低下だけではなく、生活習慣が大きく関わっているのです。

そのことは、タバコを吸う人に精力減退が多く見られることもそうですが、食生活や運動、睡眠などからも影響が大きくあります。現在の日本人は、昔とは違って欧米化された食事を多く摂る傾向があります。

欧米化された食事には、栄養価が少なくカロリーが高いものが多く、精力をつけるために必要な栄養が不足していると言えるのです。

また、インスタントや冷凍食品、コンビニのお弁当、外食なども栄養のバランスが崩れるため、身体の機能の低下につながっています。

このような食事からは、精子を作る材料も不足し、精力減退だけではなく性欲減退も起こってきます。
また、運動不足では、代謝機能が低下していきます。

すると、血流も悪くなることから、勃起することに必要な血液が、陰茎に集まりづらくなるのです。そして、身体の隅々まで栄養が回らなくなることで、機能低下を起こします。また、身体に毒素がたまりやすくなり、精子を作ることに影響を及ぼします。

さらに寝不足が続くと、ホルモンの分泌が減少し、同じく精子を作ることができなくなります。

また、寝不足によって自律神経が乱れることも、精力減退の理由となっているのです。
このようなことから、生活全体を見直すことが、改善に向けて必須であると言えるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする